任意売却のメリット

任意売却のメリット

住宅ローン問題の解決策の1つ「任意売却」では、様々なメリットがあります。

1つ1つ具体的に見ていきましょう!

 売却に必要な費用負担が無い

不動産は「売る」時も「買う」時も、必ず「諸費用」が発生します。
任意売却では「売る」時に必要な諸費用を、金融機関側が売買代金から差し引いて頂けるので、持ち出しで費用を負担する事がありません。

※一部、費用控除を認めて頂けない金融機関もあります。

 競売と違ってご近所にわからない

「競売」では、裁判所の執行官が自宅へ訪問調査に来たり、官報やインターネットに掲載されたり、競売屋などから大量のDMや飛込み訪問があったり、登記簿に落札の記録が残ったりしますが、任意売却はあくまでも「中古不動産販売」と同じなので、ご近所に気づかれる心配はありません。

任意売却Dr.
但し、販売会社が「任意売却専門店」の場合は、インターネット上でわかってしまうので注意が必要です。

 生活の再建がしやすい

任意売却を実施して、残った住宅ローンの返済方法は、金融機関側が生活状況を考慮して「一括返済」「分割返済」或いは「¥0」という柔軟な対応をして頂けますので、生活再建がしやすくなっております。

対して「競売」の場合には、資産差押えなど厳しい返済方法を求められます。

任意売却Dr.
「一括返済」「分割返済」「¥0」それぞれの判断基準は、お打合せの際にご説明いたします。

 競売に比べて賃貸の審査が通り易い

新たな転居先に賃貸を選ぶ場合、賃貸にも当然「審査」があります。審査上、現在のお住まいの登記簿謄本を確認された時に「競売による差押」登記が記録されていると非常にマイナスイメージが高いです。

任意売却を選択すれば、最長で6か月間は「競売」手続きを待って頂けますので、その間に新しい賃貸を探して審査を進める事が良いです。但し、既に住宅ローン滞納による金融事故情報は記録されているので、一般的な審査よりは厳しくなります。

 そのまま住み続ける事も可能

任意売却では、金融機関と条件さえ整えば、「親族」や「投資家」に売却して賃貸契約を行う事で、退去せず、そのまま住み慣れたマイホームに住み続ける事も可能です。

任意売却Dr.
但し、金融機関が承諾をする条件は厳しいです。
通称リースバックと言ったりしますが、金融機関を悪意に騙して承諾を得ようとする悪質業者が多発しておりますので、インターネット等での過剰広告には十分注意しましょう。

→参考「やってはいけないNG事例」

 任意売却Dr.で安心の「任意売却」

任意売却Dr.のスタッフは、金融機関での「任意売却」における実務手続きを熟知していますので、金融機関側と円満に話し合いを行う事を可能とし、他にはない確かで安心の「任意売却」を実現出来ます。

任意売却Dr.
続いては「任意売却のデメリット」
こちらもしっかり見ていきましょう。

>国内初!大手債権回収会社OBが設立監修で住宅ローン問題の知識が明確!

国内初!大手債権回収会社OBが設立監修で住宅ローン問題の知識が明確!

一般的に任意売却や住宅ローン滞納問題に関する専門業者は不動産会社の運営であり、またその多くは聞いたことのない「無名」の会社。

金融機関の実務経験が無い為に、ただ単に「経験上」だけでお客様のサポートをするというケースであり、相談者にとっては肝心な部分が聞けなくて、家を売られて仲介手数料を取られるだけ・・・

残った住宅ローン、連帯債務・連帯保証人、差押えなどの親族への影響、金融機関の手続きなど、正確な情報を知ることが出来ず、結局根本的な解決になっていないという問題が数多く存在しています。

『任意売却Dr.』は、金融機関が筆頭で設立された総合相談センターであり、その確かな金融知識に全国各地域から大手・地元不動産会社や各地域の弁護士・司法書士が協力に集まり、ご相談者の方々を万全にサポートする環境が整っています。

あなた自身やご家族の人生・住生活が左右されようとしている今、確かな知識を得て解決へ進む事が最も近道となります。

住宅ローン問題・任意売却のご相談は、『任意売却Dr.』に全てお任せ下さい。

住宅ローン問題・任意売却の「総合相談センター」
受付時間/AM9:00 ~ PM6:00(土日祝OK)
ご相談専用/ 0120-109-506
※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)