【Dr.診断】住宅ローン「ご契約者の名義 別」

NO IMAGE

 単独名義の場合

住宅ローンのご契約者が「ご自身のみ(単独)」という方は、正しく対応すればご家族や親族へ影響を及ぼす事なく解決が実施出来ます。

▶ご相談には下記をご用意下さい。

住宅ローン契約書

住宅ローン返済計画表

▶任意売却Dr.で下記を準備します。

不動産登記簿情報
不動産査定書

|主な実績(解決策)|

 連帯保証人・連帯債務者の契約がある場合

住宅ローンのご契約者が、ご自身の他に、連帯保証人・連帯債務者がいる場合は、それぞれに金融機関の対応としてどのように手続きが進み、どのような影響が発生するかを、まずは正しく理解し、その上で現在の状況、担保不動産の持分設定状況、その他の資産や利害関係状況、相続関係等々、様々な角度から的確に見極める事が大切です。
任意売却Dr.では、連帯保証人・連帯債務者が妻・親族・親・子供・親戚・知人、或いは、離婚の相手方、どのような状況であっても、それぞれに正しく説明を実施いたしますので、安心してご相談下さい。

▶ご相談には下記をご用意下さい。

住宅ローン契約書

住宅ローン返済計画表

相関図

▶任意売却Dr.で下記を準備します。

不動産登記簿情報
不動産査定書

|主な実績(解決策)|

 ご契約者が他界した場合

住宅ローンのご契約者が既に他界しているという場合は、法定相続人が債務者として対象となります。
お亡くなりになられた契約者の資産状況、他債務状況、そして、法定相続人の方々の相続手続き、或いは相続放棄手続き、また金融機関の対応としてどのように手続きが進み、どのような影響が発生するかを正しく理解し、その上で現在の状況、担保不動産の持分設定状況、その他の資産や利害関係状況等々、様々な角度から的確に見極める事が大切であり、中には非常に複雑なケースもあります。
任意売却Dr.では、金融機関OBの専門家が、どのような状況であっても正しく説明を実施し、解決に導きますので、安心してご相談下さい。

▶ご相談には下記をご用意下さい。

住宅ローン契約書

住宅ローン返済計画表

相関図

▶任意売却Dr.で下記を準備します。

不動産登記簿情報
不動産査定書

|主な実績(解決策)|

 ご契約者が病気や高齢で、対応や意思疎通が困難な場合

住宅ローンのご契約者が病気・高齢等で、対応や意思疎通等が不可能という場合は、家庭裁判所にて成年後見人の手続きが必要となります。但し、住宅ローン契約内容と、不動産登記上の持分状況が必ず同じとは限らない等があり、成年後見人の選定については、ご家族に様々な影響を及ぼす可能性を的確に見極め、十分に話し合った上で取り決める必要があります。
任意売却Dr.では、金融機関OBの専門家が地域の弁護士・司法書士と連携し、どのような状況であっても正しく説明を実施し、解決に導きますので、安心してご相談下さい。

▶ご相談には下記をご用意下さい。

住宅ローン契約書

住宅ローン返済計画表

相関図

▶任意売却Dr.で下記を準備します。

不動産登記簿情報
不動産査定書

|主な実績(解決策)|


>金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

任意売却や住宅ローン滞納問題は、不動産会社や任意売却に特化した専門業者が「経験上」でお客様のサポートをするというのが一般的です。

しかし実際には、金融機関の実務経験が無い為に、相談者にとっては家を売られているだけで、残ったローンなどの適正なサポートを受けることが出来ず、根本的な解決になっていないという被害ケースが多く存在しています。

金融機関が筆頭で設立された『任意売却Dr.』では、全国各地域の有能な不動産会社・営業マン、そして弁護士・司法書士、それぞれのプロフェッショナルと提携し、ご相談者の方々を万全にサポートいたします。

あなた自身やご家族の人生・住生活が左右されようとしている今、適正な知識を得て解決へ進む事が大切です。

住宅ローン問題・任意売却のご相談は、『任意売却Dr.』に是非お任せ下さい。

住宅ローン問題・任意売却の「総合相談センター」
受付時間/AM9:00 ~ PM6:00(土日祝OK)
ご相談専用/ 0120-109-506
※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)