【Dr.診断】税金・社会福祉等、自治体の方へ

NO IMAGE

 税金・社会福祉等、自治体の方へ

▶各種税金滞納と回収について

各種税金滞納による差押・参加差押について、任意売却による解除相談を受けられる場合、各自治体のルールによって解除条件が異なる事は十分に理解をしている所存です。

まず、是非ご理解とご協力をいただきたいことは、任意売却によって、債権者指定の解除料にて滞納額が完納不可の場合に、安易に競売処分を進めないで頂きたいという事です。

これは、任意売却を実現したいからではなく、競売による周辺住民へのリスクを回避する点と、少しでも税金回収に努めて頂きたいという点からの願いです。

特に現在の法律では、原則、競売の入札者制限の定めが整っていない為、反社会的勢力による入札によって不動産を取得するリスクがあります。例えば隣人が、何らかの事情でやむを得なく任意売却を希望し、適正な販売実施によって購入希望者が見つかったにも関わらず、自治体が差押解除料による提案を受け入れなかった事で任意売却が断念され、競売落札に至り、その結果、落札者が反社会的勢力であった事によって、自分自身の生活が脅かされ、更には自分自身が所有する不動産価値が下がってしまったら、生活や不動産価値の保障は自治体が責任を取ってくれるのでしょうか?と言う声はあがると思います。

しかしながら、その任意売却が本当に適正であったか否かを、各自治体の税金管理を行う担当者が判断する事は、非常に難しい事でもあるというのも大変理解出来ます。

任意売却Dr.では、中古不動産の適正相場の見極め方や、不動産会社が適正な販売活動を実施しているか否かの見極め方を、債権回収会社における実務経験から正しくお伝えしております。

私たちでお力になれる事がありましたら、是非お気軽にお問合せください。

▶債務者の社会福祉と任意売却について

社会福祉へご相談者される方々の中には、不動産を所有され、更には住宅ローンのお支払いが困難となってしまった方もいらっしゃるかと存じます。

不動産所有によって、公的受給の資格を得る事が困難であった場合、速やかな売却処分を求められますが、依頼先の不動産会社によっては売却に時間がかかったり、或いは、任意売却の知識が不足している事によって売却が上手く進まず、結果、ご相談者の方の社会福祉への妨げになってしまうケースが見受けられます。

また、社会福祉を担当する方にとっても、不動産売却知識や、任意売却の知識が少ない為に、ご相談者の方の福祉活動スケジュールを上手く組立てる事が出来ない事も多々あります。

不動産売却や任意売却に関する事で、ご不明な点、お困りごと、お力になれる事がありましたら、是非当社までお気軽にお問合せください。

【任意売却Dr.の活動について】

任意売却Dr.では、全国各地より多くの方々からご相談をいただいております。
当社発足の目的目標は、任意売却案件の集客による「売物件集客事業」ではなく、国内で未だ後を絶たない不当・不正な任意売却を限りなく排除し、正しい任意売却を実現する事で、債務者・債権者、共に利益を最大限に守り、その結果、全国のご相談者の皆様、全国の一般不動産取引、全国の金融取引においての社会的貢献へ繋がると確信しており、当社の目的目標としております。

弊社の活動目的目標のご理解を賜り、何卒、お力添えを賜りますようお願い申し上げます。


>金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

任意売却や住宅ローン滞納問題は、不動産会社や任意売却に特化した専門業者が「経験上」でお客様のサポートをするというのが一般的です。

しかし実際には、金融機関の実務経験が無い為に、相談者にとっては家を売られているだけで、残ったローンなどの適正なサポートを受けることが出来ず、根本的な解決になっていないという被害ケースが多く存在しています。

金融機関が筆頭で設立された『任意売却Dr.』では、全国各地域の有能な不動産会社・営業マン、そして弁護士・司法書士、それぞれのプロフェッショナルと提携し、ご相談者の方々を万全にサポートいたします。

あなた自身やご家族の人生・住生活が左右されようとしている今、適正な知識を得て解決へ進む事が大切です。

住宅ローン問題・任意売却のご相談は、『任意売却Dr.』に是非お任せ下さい。

住宅ローン問題・任意売却の「総合相談センター」
受付時間/AM9:00 ~ PM6:00(土日祝OK)
ご相談専用/ 0120-109-506
※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)