【任意売却】一般売却との違いは何ですか?

質問
任意売却って、一般的な売却との違いは何ですか?
任意売却Dr.
明確な線引きは「期限の利益喪失」前の売却は一般売却であり、「期限の利益喪失」後の売却は任意売却です。

「一般売却=期限の利益喪失」前の売却

下記①または②が可能である事。

①売却額で、住宅ローンの完済が出来る事。

②売却額で、住宅ローンの完済が不可能でも、自己資金で一括返済が可能である事。

「任意売却=期限の利益喪失」後の売却

期限の利益を喪失してしまうと銀行から手が離れ、債権回収会社(サービサー)や保証会社に移行されます。

移行された後の売却は、全て「任意売却」という扱いになります。

<注意>売却額で住宅ローンの完済が出来る場合も、売却額で住宅ローンの完済が不可能だが自己資金で一括返済が可能な場合でも、債権回収会社(サービサー)や保証会社が窓口になっていると取扱いは「任意売却」です。

つまりこの差は、抵当権抹消に必要な書類の準備をどこが窓口となって行うかという事です。

期限の利益喪失前は融資窓口の金融機関になりますが、期限の利益喪失後は債権回収会社(サービサー)や保証会社である為という事です。


ちなみに、債権回収会社(サービサー)や保証会社に移行されると「延滞損害金」が発生してしまいます。

例えば・・・

住宅ローンの残元金:2,000万円

延滞損害金:年率14.5%

2,000万円×14.5%÷365日=約7,945円/1日あたりの延滞損害金

1ヵ月では、約24万円弱も発生します。



>国内初!大手債権回収会社OBが設立監修で住宅ローン問題の知識が明確!

国内初!大手債権回収会社OBが設立監修で住宅ローン問題の知識が明確!

一般的に任意売却や住宅ローン滞納問題に関する専門業者は不動産会社の運営であり、またその多くは聞いたことのない「無名」の会社。

金融機関の実務経験が無い為に、ただ単に「経験上」だけでお客様のサポートをするというケースであり、相談者にとっては肝心な部分が聞けなくて、家を売られて仲介手数料を取られるだけ・・・

残った住宅ローン、連帯債務・連帯保証人、差押えなどの親族への影響、金融機関の手続きなど、正確な情報を知ることが出来ず、結局根本的な解決になっていないという問題が数多く存在しています。

『任意売却Dr.』は、金融機関が筆頭で設立された総合相談センターであり、その確かな金融知識に全国各地域から大手・地元不動産会社や各地域の弁護士・司法書士が協力に集まり、ご相談者の方々を万全にサポートする環境が整っています。

あなた自身やご家族の人生・住生活が左右されようとしている今、確かな知識を得て解決へ進む事が最も近道となります。

住宅ローン問題・任意売却のご相談は、『任意売却Dr.』に全てお任せ下さい。

住宅ローン問題・任意売却の「総合相談センター」
受付時間/AM9:00 ~ PM6:00(土日祝OK)
ご相談専用/ 0120-109-506
※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)