【重要なお知らせ】業務妨害の被害を受けた件について。

NO IMAGE

業務妨害の被害を受けた件について

平素より格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

令和2年4月、弊社ホームページ内で掲載させて頂いております全国の協力不動産会社様宛に、
弊社を誹謗中傷する内容の文書が匿名で郵送されるという事件が発生いたしました。

本日、丸の内警察署に被害相談をいたしました。

全て事実無根であり、弁護士より刑法第233条「偽計業務妨害罪」等に該当する旨の確認が取れ、
警視庁丸の内警察署へ被害詳細を報告し、証拠品の文書等を提出しましたので、ここにお知らせを致します。

郵便物を受け取られた協力不動産会社の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを、
心よりお詫び申し上げますとともに、関係各社様からは激励のお言葉を頂きましたこと厚く御礼申し上げます。

一部ページを掲載削除いたしました。

事件解決まで弊社ホームページ内において、協力不動産会社様の一部ページを掲載削除させて頂く事になりました。
お取引関係についてはこれまで通り変わりなく継続を頂ける旨、各社様と確認が取れております。

弊社サービスご利用のお客様には、引き続きご安心してご利用頂けますと幸いです。

捜査結果等については、改めてホームページ等で発表させて頂きますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

株式会社クラフトレジデンス
代表取締役 山口剛平


≪送付された文書≫
本件についてお心当たりがあるという方は、弊社または丸の内警察署まで情報提供を頂ければ幸いです。
▶弊社電話番号:03-5288-7285/0120-109-506
▶丸の内警察署:03-3213-0110/刑事組織犯罪対策課

>国内初!大手債権回収会社OBが設立監修で住宅ローン問題の知識が明確!

国内初!大手債権回収会社OBが設立監修で住宅ローン問題の知識が明確!

一般的に任意売却や住宅ローン滞納問題に関する専門業者は不動産会社の運営であり、またその多くは聞いたことのない「無名」の会社。

金融機関の実務経験が無い為に、ただ単に「経験上」だけでお客様のサポートをするというケースであり、相談者にとっては肝心な部分が聞けなくて、家を売られて仲介手数料を取られるだけ・・・

残った住宅ローン、連帯債務・連帯保証人、差押えなどの親族への影響、金融機関の手続きなど、正確な情報を知ることが出来ず、結局根本的な解決になっていないという問題が数多く存在しています。

『任意売却Dr.』は、金融機関の出身者が筆頭で設立された総合相談センターであり、その確かな金融知識に全国各地域から大手・地元不動産会社や各地域の弁護士・司法書士が協力に集まり、ご相談者の方々を万全にサポートする環境が整っています。

あなた自身やご家族の人生・住生活が左右されようとしている今、確かな知識を得て解決へ進む事が最も近道となります。

住宅ローン問題・任意売却のご相談は、『任意売却Dr.』に全てお任せ下さい。

住宅ローン問題・任意売却の「総合相談センター」
受付時間/AM9:00 ~ PM6:00(土日祝OK)
ご相談専用/ 0120-109-506
※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)