物件売却「基礎知識」と大切な「連携」

不動産とは一体どのように販売を実施し、どのように売却に結び付けるのでしょう?
そして「中古不動産物件」と「任意売却物件」には、どんな違いがあり、売却に欠かせない連携は一体どういうものなのでしょうか。

不動産を売却する為の4つの手段

まずは、一般的な不動産の売却方法について学んでみましょう。

① Web サイト(不動産情報サイト)掲載

不動産情報サイトからの反響は圧倒的であり、不動産会社にとって必要不可欠な広告媒体です。
自社ホームページをはじめ、athome、suumo、Home’s、yahoo 不動産等々、各社それぞれ特徴は異なり、これから不動産購入を考えている方にとっても、非常に便利な検索ツールだからです。

地域・沿線・駅距離・間取り・築年数・価格・物件写真など、不動産購入を検討している方は、自由に条件を絞込み、希望の物件、欲しい物件を見つける事が出来る為、売主である不動産売却希望者にとっても必要不可欠な広告ツールです。

不動産会社は、物件の特徴や写真、間取図、キャッチコピー、キャンペーンなど、掲載する際に様々な工夫を凝らして反響を獲得します。

② REINS(レインズ)への掲載

REINS とは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営している、いわば不動産会社専用の全国物件情報システムです。
会員である全国の不動産会社は、このREINS を利用する事で、購入を検討している方の希望条件に合った物件を探し出し、ご紹介する事が可能です。

売主である売却希望者は、売却を依頼する不動産会社と「専属専任または専任媒介契約」を結ぶことで、依頼を受けた不動産会社は、このREINS掲載を義務付けられております。
売主は、日本中で幅広く購入者を探索してもらう事が出来る為、安心して売却依頼をする事が可能です。また売主は、ご自身の物件がきちんとREINS に登録掲載されているか、インターネットからいつでも確認する事が可能なのです。

③ 広告配布

意外に多いのが広告(チラシ)反響です。
不動産購入を考えてる方にとって、1枚のチラシの中には、購入検討に必要な情報が様々記載されており、物件や地域特性によっては非常に効果的で大変重宝されます。

売主である売却希望者は、少しでも高く早く売却する事を希望される為、こういった地道な広告活動にも手を抜かない不動産会社はとても信頼され、喜ばれます。

④ 店頭

不動産を買う、売る、借りる、貸す。
昔ながらの原点とは、その地域にある不動産屋さんに行って相談をする。という事ではないでしょうか。これを無くして、より早く、より高く不動産を売却する事など出来ません。

「中古不動産物件」と「任意売却物件」

では、「中古不動産物件」と「任意売却物件」には、売却方法に違いはあるのでしょうか?

① 物件の売出価格の取決めについて。

「中古不動産物件」

一般の中古不動産については、不動産会社が建物査定と周辺相場調査を行い、売主と協議の上、販売価格が取決められます。

「任意売却物件」

任意売却物件の場合、不動産会社が建物査定と周辺相場調査を行い、金融機関(債権者)へ査定書として提出します。

不動産会社から査定書を受け取った金融機関(債権者)は、その査定内容が適正であるか審査し、更に過去データや独自の査定調査を行い物件査定額を取決め、売出価格として不動産会社と売主(債務者)に提示します。

② 物件の販売方法について。

販売方法については、「中古不動産物件」と「任意売却」に大きな違いはありません。
但し、販売報告については異なります。

「中古不動産物件」

(一般媒介契約の場合)
販売経過について、売主様に販売状況の報告義務はありません。
(専任媒介契約の場合)
2 週間に 1 回以上、売主様に販売状況の報告義務があります。
(専属専任媒介の場合)
1 週間に1回以上、売主様に販売状況の報告義務があります。

「任意売却物件」

各金融機関(債権者)によって異なりますが、基本的には 1 か月に 1 度、販売状況の報告を書面にて行います。

③ 退去(引越し)時期について

退去(引越し)時期についても、「中古不動産」と「任意売却」に大きな違いはありません。
但し、販売期間の違いや売却理由によって異なる場合はあります。

「中古不動産物件」

売却理由が買換えの場合は、ご自身の物件売却と希望物件購入のタイミングで、引越し時期が決まります。

「任意売却物件」

販売期間を金融機関(債権者)から取り決められる事が多く、例えば販売期間が6 か月であれば、その間に売却を行い、退去しなければなりません。

大手不動産会社・地元不動産会社、売却に欠かせない連携

「任意売却Dr.」では、下記のような連携で、ご相談者の方の売却サポートを実現しています。

大手不動産会社・地元不動産会社、地域の特性に沿って様々な不動産会社が存在しますが、「任意売却」で実現したい事、「何故、任意売却をするのか?」という原点に立ち返った時、ご相談者である「売主」様にとって必要な事、求める事は何でしょう。

「任意売却Dr.」は、元・大手金融機関の任意売却処理・競売処分手続きの実務担当者の豊富な経験から培った、各地域の不動産会社トップセールスと独自のネットワークを活かし、適正な地域相場や物件査定はもちろん、地域トップクラスの力強い販売力によって、ご相談者の適切な解決とより良い再スタートへ導く力をご提供しております。

住宅ローン返済・滞納「総合相談センター」

受付時間 AM9:00 ~ PM6:00 土日祝OK
受付時間 AM9:00 ~ PM5:30
  • 代表

    03-5288-7285
  • (FAX) 03-5288-7286
  • ※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)