現状把握と今後の対応について

 

まずはあなたの「現状把握」

フローチャートで現状を確認してみましょう。

あなたは今、どの状況でしょうか。

 

住宅ローンは 6 回滞納を超えると「期限の利益」を喪失し、債権回収会社や保証会社に債権が移行されます。

その後、これまでの分割返済は一切不可能となり、一括返済または任意売却あるいは競売、いずれかの選択となってしまいます。

 

 

今後の対応方法

家を守る・任意売却・競売。
状況に応じて下記のように対応は変化していきます。

(1)マイホームを守る選択。

■借換え・リスケ
金融機関の審査がある為、滞納前であれば対応出来る可能性があります。

現在の住宅ローンを他金融機関で借換える事で、月々の支払い額を減らす。
あるいは、現在の住宅ローンにて契約変更手続きを申請し、一定期間は金利だけを支払うリスケ対策。

しかし後者は、例えば病気・ケガ等による一時的な収入減、元の収入に回復見込みが明らかな方しか対応出来ない事が多い為、注意が必要です。

■親族間売買
親族間売買を行う事でマイホームを守る。
しかし、金融機関は相続逃れ等の対策の為に、親族間売買による「住宅ローン」は認めません。

住宅担保ローンなど一般の住宅ローンより金利は高くなりますが、これらを活用してマイホームを守る手段もあります。
但し、不動産価値よりも残債務の方が多い場合、審査が通らない事が多いです。

■住宅ローン特則付き個人再生
他に多数の借金がある場合、住宅ローンの支払いはこれまで通り返済し、その他の借金については減額・長期返済を行う法的手続きです。

但し、その要件は単純ではない為に、弁護士の先生と共に慎重に検討する必要があります。

■リースバック
ご自宅を、投資家に購入して頂き、家賃を支払って住み続ける事です。
しかし「任意売却 Dr.」では、このリースバックはお勧めしておりません。
詳しくは、下記参考ページをご参照ください。

→やってはいけないNG事例

 

(2)任意売却の選択。

住宅ローンの支払いが困難になってしまった原因や、現在の状況によっては、やむなくマイホームを手放す決断が必要な場合もあります。

しかし、多額の住宅ローンや固定資産税、マンション管理費等から解放され、住生活を立て直しやすく、何よりも、競売によって大きな精神的負担と多額の債務を残してしまう事より、任意売却を選択する事が安心です。

任意売却とは、マイホームを一般の中古物件として販売を行い、売却費を住宅ローンの返済に充て、もし債務が残った場合でも、生活に支障の無い範囲で分割返済を行う事ができ、破産や競売手続きも回避できます。

 

(3)任意売却も出来ない場合。

ご相談者の中には、任意売却も不可能な方もいらっしゃいます。

例えば、マイホームの登記上、住宅ローン以外に、特定の抵当権設定や差押えなどが入っている事で、一般の不動産売買として取引が出来ないケースです。

この場合、マイホームとしては競売にて処分をするしか方法はありませんが、競売で落札されたからといって、住宅ローンが完済される事は少なく、また住宅ローンの支払いが困難になった原因は解決されません。

ご自宅が、競売にて落札されるまのでスケジュール、その間に立て直すべき生活設計、落札後の転居先探し、残る住宅ローンの支払い等々、様々な課題が残されます。

「任意売却Dr.」では、どのような状況でも解決に向けてサポートいたします。1日でも早くご相談ください!

 

 

注意点

昨今、多くの「任意売却専門業者」や「書籍・出版物・web サイト」を目にいたしますが、実際には金融機関にて「要注意業者」や、既に「取引停止」になっている業者も少なからず存在しているのも事実です。詳しくは下記ページも参照ください。

→やってはいけないNG事例

皆様が今、ご不安になられている「住宅ローンが払えなくなったらどうなる?・・・」という大きな問題に対し、「お金の事」、「不動産の事」、「法律の事」全ての角度から総合的にサポートする体制を持ち、正しい知識でアドバイスをする会社を見極める事が重要です。

適正な解決には、当社「任意売却Dr.」web サイトを是非ご参考にして下さい。

 

続いて、任意売却と競売はどう違うのかについて説明します。

 任意売却と競売の違い→

 

>金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

任意売却や住宅ローン滞納問題は、不動産会社や任意売却に特化した専門業者が「経験上」でお客様のサポートをするというのが一般的です。

しかし実際には、金融機関の実務経験が無い為に、相談者にとっては家を売られているだけで、残ったローンなどの適正なサポートを受けることが出来ず、根本的な解決になっていないという被害ケースが多く存在しています。

金融機関が筆頭で設立された『任意売却Dr.』では、全国各地域の有能な不動産会社・営業マン、そして弁護士・司法書士、それぞれのプロフェッショナルと提携し、ご相談者の方々を万全にサポートいたします。

あなた自身やご家族の人生・住生活が左右されようとしている今、適正な知識を得て解決へ進む事が大切です。

住宅ローン返済・滞納にお悩みの方、『任意売却Dr.』に是非お任せ下さい。

住宅ローン返済・滞納「総合相談センター」
受付時間/AM9:00 ~ PM6:00(土日祝OK)
ご相談専用/ 0120-109-506
※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)