【任意売却】競売との違いは何ですか?

住宅ローンが2,500万円残っています。

所有不動産の相場は、2,000万円でした。

このような例で、任意売却と競売の違いについて説明してみます。


任意売却・・・一般的な中古不動産として販売が出来るので、2,000万円で売れた場合、残る債務は500万円です。(例の為に諸経費は考慮しません。)

競売・・・一般的な中古不動産の0.7前後が、通常の落札相場です。2,000万円×0.7=1,400万円前後、この場合、残る債務は1,100万円です。

どちらも、残った債務は支払わなければなりません。

任意売却の場合、残った債務の支払い方法は、金融機関は柔軟に検討して頂けます。

⇒参考ページ:各種の費用について

競売の場合、残った債務の支払い方法は、金融機関は厳しく対応する事がほとんどです。(給与差押等)

そしてまた、精神的な負担にも大きな違いがあります。

任意売却の場合、例えば『任意売却Dr.』では、ご相談者に代わって債権者と話し合いを行い、適正にご自宅を売却し、明確なスケジュールに基づいて転居サポート、そして残る債務の返済方法まで適正にサポートし、円満な解決を実現します。

競売の場合、裁判所から簡易書留等で重々しく「競売開始決定通知」が届きます。更に、裁判所で競売情報を得た競売屋・任売屋・ブローカー等から大量のDMが届いたり、突然電話や訪問があったりと非常に精神的な苦痛が大きいです。


任意売却・・・精神的負担も、残った債務の経済的負担も、どちらも少ない

競売・・・精神的負担も、残った債務の経済的負担も、どちらも大きい

これが、任意売却と競売との違いです。

⇒ 参考ページ:任意売却と競売

>金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

金融機関出身者が設立・監修しているから安心!「任意売却Dr.」

任意売却や住宅ローン滞納問題は、不動産会社や任意売却に特化した専門業者が「経験上」でお客様のサポートをするというのが一般的です。

しかし実際には、金融機関の実務経験が無い為に、相談者にとっては家を売られているだけで、残ったローンなどの適正なサポートを受けることが出来ず、根本的な解決になっていないという被害ケースが多く存在しています。

金融機関が筆頭で設立された『任意売却Dr.』では、全国各地域の有能な不動産会社・営業マン、そして弁護士・司法書士、それぞれのプロフェッショナルと提携し、ご相談者の方々を万全にサポートいたします。

あなた自身やご家族の人生・住生活が左右されようとしている今、適正な知識を得て解決へ進む事が大切です。

住宅ローン返済・滞納にお悩みの方、『任意売却Dr.』に是非お任せ下さい。

住宅ローン返済・滞納「総合相談センター」
受付時間/AM9:00 ~ PM6:00(土日祝OK)
ご相談専用/ 0120-109-506
※年間休日:年末年始(12/30~1/4)・GW(5/3~5/5)・夏季(8/13~8/15)